眼球エステで目力アップ

麦粒腫(ものもらい)

麦粒腫とは、俗に「ものもらい」と呼ばれている病気で、原因は細菌感染によるものです。
麦粒腫は、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症です。まぶたが赤く腫れ、触ると痛みます。症状はしだいに強くなりますが、やがて表面に膿がたまり、それが破れて膿が出てくると、治癒に向かいます。

地方により、めばちこ・めぼ・めいぼ・めこじき・めんぼうなど、多様な呼び方が存在しています。

麦粒腫はほうっておいても2~3週間で自然に治ります。ただし、乳幼児などで症状がひどい場合は治療が必要となります。

    眼科を受診すると、症状に合わせて抗生物質の点眼薬、あるいは内服薬や軟膏などが処方されます。早めに受診すれば、膿が溜まる前に治癒することもあります。

Copyright © 眼球エステで目力アップ. All rights reserved