眼球エステで目力アップ

網膜剝離

網膜剥離はその字のごとく、網膜から神経網膜が剥がれたものです。網膜剥離は治療せずに放置した場合、失明する可能性の高い病気です。
網膜剝離は、眼球の内部の“硝子体”という無色透明のゼリー状の組織が加齢に伴いサラサラの液状になってしまう為に起こります。硝子体はゼリー状の組織で満たされている時は網膜と接しており、液状になると容積が減ってしまい空洞が出来てしまいます。この空洞は、硝子体と後方の網膜の間にも出来るため、硝子体と網膜が剥がれてしまうのです。

症状としては、飛蚊症(明るい所や白い壁、青空などを見つめた時、眼の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見える現象)・光視症(暗い部屋で顔を振った時などに視野の周辺でピカッっとした光が見えたり、光の玉のようなものが瞬間的に流れるように感じる)・視野欠損・視力低下がみられます。

このような症状が現れたら網膜剝離の可能性がありますので、すぐに眼科を受診しましょう。

網膜剥離の治療の中心は手術療法です。手術により、最終的には約95%の確率で網膜を元の位置に戻してやることが可能です。

早めの受診で治癒できるのですね!

Copyright © 眼球エステで目力アップ. All rights reserved