眼球エステで目力アップ

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で、आयुर्वेद(Ayurveda)と綴ります。
Ayus(生命)とveda(知識、科学)の複合語であり、“生命の科学”と言う意味です。
アーユルヴェーダは古代インドが発祥の地であり、約5000年の歴史を持つインドの伝承医学なのです。

“ちょっと怪しいんじゃないの?”

と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はWHOが正式に奨励している東洋医学の1つなのです!!
簡単に想像していただくと、私たちになじみのある漢方と同じようなものなのです。

さらにアーユルヴェーダは中国医学・アラビア・ギリシャ・チベットの医学にも影響を与えたといわれています。
日本で言う、内科・外科…などの分類もあり、

カーヤ=内科学
シャリィア=外科学
バーラ=小児科学
オールドワンガ=耳鼻科学
グラ=精神科学
ダンシュトラー=毒物科学
ジャラー=若返り法
ヴルシャーン=性医学

の8部門に分かれています。
若返りまで!?と、少し驚いてしまいます(゚o゚;)

   日本ではアーユルヴェーダというと、胡麻油やアロマオイルなどを使用してのエステを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

インドの伝承医学とエステのコラボレーションが眼球エステを生んだと言っても過言ではないでしょう。

Copyright © 眼球エステで目力アップ. All rights reserved