眼球エステで目力アップ

アレルギー性結膜炎

「アレルギー」とは、ある特定の物質に対して過敏に身体が反応することをいい、原因となる物質を「アレルゲン(抗体)」と呼んでいます。
アレルゲンが結膜に入ると、かゆみや充血が起こってきます。とてもかゆみが強く,球結膜がふくれあがっていたり、まぶたの裏の結膜にぶつぶつ(濾胞)がみられることがあります。
最近の報告によると、日本では全人口の約15~20%がアレルギー性結膜炎を有していると推定されています。

アレルギー性結膜炎は、通年性のものと、季節性のものがあります。

通年性のもので多いのは空気中のゴミ・動物の毛・化粧品・薬品・食べ物などによるもので、アレルギー体質のある人に起こりやすいようです。最近ではコンタクトレンズ装用者にも増えてきています。    また季節性のものは、スギ・マツ・カモガヤなどの花粉によるものです。

治療は副腎皮質ホルモンおよびインタールの点眼を用います。ほとんどが容易に治りますから問題はありませんが、アレルゲンを除去したり、遠ざけるようにしないと、何度もくり返し再発します。 毎年起こる結膜炎であれば、抗アレルギー点眼薬をその時期の数週間前より使用しておくと効果的です。

いずれにしても、花粉などアレルギーの原因をできるだけ寄せ付けないような予防策をとることが大切です。

Copyright © 眼球エステで目力アップ. All rights reserved